· 

コロナ渦下の結婚式…最近の傾向は?

持ち込みブーケ専門店 ブーケ作家 一花千でございます。

解除にはなったけど、まん延防止措置は続き、オリンピックはやるんだ?などなど、正直な所、振り回されてる感です。


自粛とかまん延防止とかは、いつまで続くの?というより、これをもう日常と捉えて「今が大事だから」という表れ?なのでしょうか…


結婚式の準備期間は、これまでは、8か月~1年位というのが平均でしたが、
先日、ブーケのお打合せをさせて頂いたカップルは、披露宴をする!と決めたのは1か月前とのことでした。
つまり、結婚式ご披露宴まで3か月の期間ということになります。
どうやら、このパターンは珍しくはないようで、最近の傾向の1つのようなのです。

早めに挙げてしまおう~というカップルと、コロナ動向を見極めつつ日程をファジーにして会場を抑えるカップルに分かれているようです。

私、婚礼業界に長く携わりながら、ホテルや会場様とは提携したことが無いフリーなので、確かな実情は把握していませんが(苦笑)、「結婚式の準備期間って長いな~、その分、費用も掛かるだろうに」と思っている派です。
今のコロナご時世なので、3か月後でもパッと日程が決められるのでしょうが、本来なら、会場様側は「日程は埋まってます~」となるところだったでしょうね。


もう1つの傾向は、
やっぱりこのご時世だからこそ主流となった2部制の披露宴。
1部は親族、2部は会社関係&友人。


この2つの傾向以外に、婚礼の現状をお伝えしますと、
先日ブーケをお届けに上がったホテル様は、コロナ自粛中だったことも有り、ホテル内で人とすれ違うことがない位ガラガラ。
これまででしたら、人気のホテルさんなので、美容室でのお仕度中もカーテン1枚隔てて、お隣も花嫁様…そのお隣も花嫁様… 
花嫁様同士がニアミスしてすれ違う…なんて事態もあり得るホテルだっただけに、ご親族と近い知人のみの貸切状態となっていて、贅沢な空間と化していました。

かと思えば、
コロナ前と然程変わらずに、80人規模の披露宴に向かっているカップルも居られます。
(えっ?と思いますが、コロナ対策もしつつ、園庭も有って開放でき、収容人数もそこそこ多い会場様のようです。)


どれが正解とか、どのパターンがお勧めということは言えませんし、有りませんが、
「今が大事」だから「今出来ることを」という表れなのでしょう。

ということは、「今が大事」だから「今は披露宴はしない」も選択肢の1つです。


と、いくつかの傾向は有りながら、
いちばん多いのは、挙式+写真+親族のみで集まる…というパターンのようです。